« 今日の中継★ | トップページ | 志楽の湯 »

2006年8月 1日 (火)

ルーヴル美術館展

Satuei_3525Satuei_3524オープニングで、美術館巡りが習慣で…
などと、告白しまいましたが(笑)
東京藝術大学大学美術館で開催中
ルーヴル美術館展~古代ギリシア芸術神々の遺産~
にリポートで行ってきました♪

行きたいナァ!!と思ってたうえ、ご出演いただいた
東京芸術大学助教授の薩摩雅登先生に案内していただき
詳しく解説していただいて、とっても得した気分。

ルーヴル美術館の誇る、傑作の数々を
「クラシック時代のアテネ」「古代ギリシアの生活」
「古代ギリシアの競技精神」「神々と宗教」

全部で4つの章にわけて展示しています。

「神々と宗教」の章は、自然光が入る広い空間で
大型彫刻を見ることが出来、圧倒されますよ。

2m20cmのアルルのヴィーナスの前には
本当に多くの方が集まって鑑賞していらっしゃいました。

アルルのヴィーナスは、17世紀に南フランスで発掘され、
のちに時の王ルイ14世に献上されヴェルサイユ宮殿の中で
最もきらびやかな「鏡の間」に飾られたという作品
です。

アルルのヴィーナスをはじめとした、
フランス国内から外に出たことのないような作品が
何体も日本に来ているなんて、本当にすごい
ですよね。

先生に、鑑賞するときのポイントを質問してみると
「古代ギリシアの神々の世界は、多神教の世界で
沢山の神様がいて、非常に人間くさい神様なので
今と同じような視点で、人間像、男性像、女性像として
純粋に見ていただければいいと思います。」

と、教えてくださいましたよ。

それにしても、美術館は落ち着きますね~。
皆さんもぜひ!!(^^)

今日もまたヨガに行ってしまいました♪
ランニングは30分です~。

|

« 今日の中継★ | トップページ | 志楽の湯 »

コメント

初カキコです。ルーブル美術館展いいですねぇ。ルーブル美術館で,サモトラケのニケをみたとき,水しぶきでぬれた服を石像で表現している技術に驚きました。
よく見ていない作品が山のようにあったので,今度帰省したら行ってみます。

投稿: Kichiro | 2006年8月 2日 (水) 07時52分

横浜のときも行きました。今度もぜひ行きたいです。

投稿: ごっちゃん@イセザキ | 2006年8月 2日 (水) 15時36分

>kichiroさん
はじめまして!カキコありがとうございます。
素晴らしい作品が沢山ありましたよ。
私ももう一度行きたいです。

>ごっちゃんさん
ぜひ、足を運んでみてくださいね。
番組のチケットプレゼントも
まだ間に合いますよ~。

投稿: 島田奈央子 | 2006年8月 2日 (水) 23時17分

ルーブル展に行ってきました。3月にルーブルで観ているはずなのですが,超強行日程だったため,ミロのヴィーナスとニケ以外,全く印象に残っていませんでした。改めて観ると,2点以外にも素晴らしい作品がたくさんあるのだなと感心いたしました。ブログをいつも楽しみに観ております。がんばってください。

投稿: Kichiro | 2006年8月19日 (土) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94267/11191113

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館展:

« 今日の中継★ | トップページ | 志楽の湯 »