« FM&ボイトレ&忘年会 | トップページ | 映画「灯台守の恋」 »

2005年12月10日 (土)

「ベトナム近代絵画展」

satuei_1235東京ステーションギャラリーで開催中の
「ベトナム近代絵画展」に行ってきました。

この東京ステーションギャラリー
赤レンガが剥き出しの展示室や廊下の独特な雰囲気が、
どんな作品とも不思議とマッチして、とても好きなんですよね。

ベトナムの画家の知識は皆無なので
詳しい事は分からなかったのですが、
ベトナムの文化は、中国やフランスなど様々な国の影響を
受けながら発展してきたんだろうなぁという事が、
色々な絵画や木版画から感じられ、興味深かったですよ。

夜は出版社のパーティーへ。長澤瞳ちゃん可愛かったぁ♪

|

« FM&ボイトレ&忘年会 | トップページ | 映画「灯台守の恋」 »

コメント

なおちゃん気げんよくないの。?
竹久夢二、繊細な絵を残しております。実は、へのへの茂へ冶(名前)言って、女たらしの、親戚中の笑い者だったんですよ。親戚中にお金を借りに来るから追いかえせ。僕のおばぁさんの血筋は、お金を貸し(与える)ていたそうです。そして、代わりに絵をおいていたそうです。その絵を売って大学に行かして、今は学校の先生をしております。なおちゃん、人の値打ちなんか誰もきめられませんね。僕の父は、絵はうまいですよ。でもちっとも書かないです。それよりも、お金儲けうまい父には、手も足もでません。
へのへの茂へ冶の遠いふるさとは、中国雲南省、木の一族だと思う。雲南の石灰岩の岩山を越えれば、ベトナムですから、もともと、ベトナム語は中国語ですものね。
この絵うまいですよ。
なおちゃん、三日も留守してたね。あの写真は忘年会じゃないよ、お仕事の、あいまに、お菓子を食べているだけじゃないの。  失礼?
+’。’ちゃん可愛かった! 自分はどうするの!
嫌われものの、おばさんになりませぬように。 失礼
なおちゃん、可愛ですよ。ほんと。。。)

投稿: 夢二の末えい | 2005年12月12日 (月) 06時46分

元気にしていますよ。
体調に留意して頑張っています。

夢二は絵も素晴らしいですが
歌や短い短文も本当に素敵で繊細な作品が
多いですよね。

『青い小径』には大好きな詩が沢山あります。

また、この短歌

『絵筆折りてゴルキーの手をとらんにはあまりに弱き腕とわびぬ』

は好きで、暗記してしまっています(笑)

投稿: 夢二さん | 2005年12月12日 (月) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94267/7567183

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベトナム近代絵画展」:

« FM&ボイトレ&忘年会 | トップページ | 映画「灯台守の恋」 »